ムダ毛処理法 >

抑毛のページを説明

抑毛

毛の生えてくる周期を遅らせて、ムダ毛自体を生えにくくする方法です。
抑毛だけでは効果が出るまで時間がかかる事が多いようです。
しかし、脱毛と併用する事により、比較的短時間で効果を得る事が出来るようになります。
その為、最近では抑毛効果のある成分を含んだ除毛クリームが出来てきました。

抑毛する場合には、一般的にイソフラボンのような女性ホルモンに類似した成分を配合し、その作用を利用します。
豆腐を作る人の腕が「白くてムダ毛のないつるつるした肌」になるのは、大豆に配合されたイソフラボンの効果の為と証明されました。
この事により、イソフラボンの抑毛への利用が研究され始めました。

代表的な抑毛法
1.抑毛ソープ(石鹸)
徐々にムダ毛をごく細い産毛に変える成分が配合された抑毛ソープ(石鹸)を使用します。
毛根の働きを弱める事により、毛の生える周期を遅らせたり、ムダ毛の毛質を徐々に細くしていきます。

入浴や洗顔の際に使用します。
よく泡立てて、ムダ毛の気になる箇所を丁寧に洗います。
使い続ける事により、毛の成長が抑制されてきます。
そして、毛根の働きを弱める事により、徐々に生えてくる毛の量が減り太さが細くなります。
顔・腕・脚・背中・ビキニライン等、大体どんな箇所にでも使用出来ます。
あまり肌に負担をかけない為、デリケートな肌の場合にも使用出来ます。
その反面、作用が非常に穏やかである為、結果が出るまで時間がかかる場合が多いようです。

イーピーアイソープ エクストラ(3個セット)【快適生活】
お勧めの 抑毛石鹸

2.抑毛ローション、抑毛ジェル
毛根の働きを弱め毛の生える周期を遅らせて、徐々にムダ毛をごく細い産毛に変えます。
入浴や洗顔後、ムダ毛が気になる部分をに抑毛ローションや抑毛ジェルを塗り、肌になじませていきます。

顔・腕・脚・背中・ビキニライン等、大体どんな箇所にでも使用出来ます。
あまり肌に負担をかけない為、デリケートな肌の場合にも使用出来ます。
その反面、作用が非常に穏やかである為、結果が出るまで時間がかかる場合が多いようです。

【Dr.ナノンハイパー】-07【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】
お勧めの抑毛ジェル TBS番組『ランク王国』で放映!? 男性でもOK!? Dr.ナノンハイパー

3.その他
いわゆる抑毛ではありませんが、一応ご紹介しておきます。

脱色
脱色脱毛剤(脱色クリーム、オキシドールなど)を使用して、ムダ毛の色を薄くして目立たなくさせる方法です。
脱色直後には、金色のうぶ毛の様になり自然に見えています。
しかし、脱色したムダ毛が伸びて来ると、伸びて来た部分は黒いままなので不自然に見えます。

腕や脚などのムダ毛が薄い所、産毛や細い毛質向きの方法です。(脇下のような毛質の太く濃い部分には不向きです。)

物理的に抜いたり溶かしたりせず、毛の色を脱色するだけなので安全性が高いと言えます。
使用する薬品がオキシドールだけであれば、オキシドール単体は消毒剤ですので肌へあまり負担をかけません。
その他の脱色剤は化学成分を多く含んでいる為、事前に試しておかないとかぶれるが出たりする事があります。

ムダ毛処理法の抑毛のリンクについて

ムダ毛処理法の抑毛のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]除毛
>>[次]セントフォー
ムダ毛処理法のTOPへ
"抑毛"のTOPへジャンプ