ムダ毛処理法 >

除毛のページを説明

除毛

ムダ毛処理法は、大きく分けて脱毛・除毛・抑毛の3種類があります。
それぞれの処理法により、ムダ毛の処理方法が異なります。

皮膚表面に生えているムダ毛のみ、道具やクリーム等を使用して除去する方法です。
皮膚表面のみ処理する為、効果が長続きせず、頻繁に処理する必要があります。

代表的な除毛法
1.剃毛
 かみそり・電気シェーバーといった道具を使用してムダ毛を剃る方法です。
@かみそり
T字かみそり(広い部分の処理に適ている)や小型かみそり(顔の産毛などの処理に適している)を使用して、ムダ毛を剃る方法です。
処理する部位を選びませんし、どんな毛質でも剃れない事はありません。
適切に処理すれば、痛みはありません。
ムダ毛処理法の中では、毛抜きと並んで一番手軽に行う事が出来ます。
しかし、効果が長く続かない為、頻繁に処理を行う事が必要となります。
また、肌に直接カミソリの刃を当てるので、肌を傷つけてしまう場合があります。
処理後にムダ毛の断面が広くなりますので、処理跡が黒く目立つようになりかえって濃くなった様に見える事があります。
処理した部分の毛先がチクチクしますし、肌のツルツル感が感じられません。
それから、物理的に処理する為に毛抜きと同様で埋没毛が出来やすくなります。

かみそりによる処理は、毛を剃ると同時に肌の角質層も削っています。
その為にカミソリ負けが起きたり、傷ついた部分の毛穴に細菌が入って毛穴が化膿する等、肌への負担は想像以上に大きいものがあります。
従ってカミソリによるシェービングを繰り返すと、肌に負担をかける事になりますので、肌に受ける刺激を弱める為に肌の角質が厚くなったり、黒ずみを起こす原因となってしまうのです。

きちんと事前の準備を行い、処理後のケアをしっかりと行う事で、肌への負担はかなり軽減できます。
また、処理する場所は雑菌が多いバスルームを避ける等、衛生面でも気をつける必要がある事は、毛抜きによる処理の場合と同じです。

カミソリによる処理を行う際の注意点としては、
@処理する部分をしっかり温めて、肌の表面と毛穴を柔らかくします。
 それから、シェービングクリームやジェルを、処理部分の肌にたっぷりと塗ります。
・メントール系のクリームやジェルは、毛穴を刺激する効果があるので肌の弱い方は使用を避けましょう。
・ボディシャンプーは肌の油分を取ってしまう為、どんなに泡立てても肌に直接かみそりの刃があたる事になるので、注意して下さい。

Aかみそりの刃を滑らせる様に、毛の流れに沿って優しくシェービングを行います。
・使用するかみそりは、肌への負担が少ない刃になっていたり、剃りやすいもち手になっている等、女性脱毛用に開発されたものを 選ぶようにしましょう。
・毛の流れに逆らって剃る「逆剃り」をすると、毛穴を傷つける事になりやすく、毛穴に細菌が入って炎症・化膿する場合があるので 毛の流れに沿って処理をするよう注意が必要です。

B処理後の肌はとてもデリケートになっている為、しっかりとアフターケアをしましょう。
・処理後は毛穴の血流が多くなっているので、用意しておいた冷たいタオル等で処理部分を冷やします。
・血がにじむなど肌を傷つけてしまった場合は、消毒しておきましょう。
・保湿タイプの化粧水を使用して、肌の保湿をします。

2.電気シェーバー
電気シェーバーを使用して、ムダ毛を剃る方法です。

処理する部位を選びませんし、どんな毛質でも剃れない事はありません。
痛みが無く皮膚を傷つける事もない為、当日の処理が出来ます。
安全性が高いし、急なお出かけで急いでいる場合にも有効です。
一番手軽ではありますが、カミソリと同様で表面的な処理なので効果が長く続きません。
従って、頻繁に処理を行う事が必要です。
処理後にムダ毛の断面が広くなりますので、処理跡が黒く目立つようになりかえって濃くなった様に見える事があります。
処理した部分の毛先がチクチクしますし、肌のツルツル感が感じられません。
美容グッズ/除毛・脱毛/シェーバー&ヒートカッター SH-2841PW【美と健康の夢通販『ケンコウアイ』】
VラインにもOK♪シェーバー&ヒートカッター

3.除毛クリーム
除毛クリームや除毛ローションを使用して、ムダ毛を分解して除去する方法です。
毛穴の中に隠れている部分のムダ毛も分解して抜いたり、表面の毛の除去後に別の成分により毛根の働きを抑えて再度毛が生えない様にして脱毛状態にする機能を伴う場合もあります。
全部あわせて「脱毛剤」「脱毛クリーム」と呼ばれる場合もありますが、正確には除毛剤の内に分類されます。
抑毛効果の成分が配合されている場合は、何度も使用するうちに毛が生えにくくなります。

(基本的には)除毛剤を使ってムダ毛の成分を科学的に分解し、溶かして除去する方法です。
皮膚の上に出ている部分だけを溶かして毛根は残っている為、長持ちはしません。

除毛クリームとは、毛を構成するたんぱく質を分解する成分が配合されたクリームの事です。
クリームなので液だれしにくい為、顔以外の細かい分から広い範囲に使用出来ます。
そうは言っても薬剤により処理する為、腕や脚等の皮膚が丈夫な所が対象になります。
(顔・脇・ビキニラインといった皮膚が弱い部分や、粘膜に近い部分に使用するには不向きな方法です。)

処理時点では痛みがありませんし、一度に大量のムダ毛を処理する事が出来ます。
また、剃った時の様な黒い点が残りませんし、処理後の毛先が丸くなるので仕上がりが綺麗に見えます。
しかし、ムダ毛と一緒に皮膚の角質層も溶かす為、皮膚への負担が大きくなり肌にひりつきなどの刺激がありますし、炎症を起こしたりアレルギーの原因となることもあります。

自宅でできる本格除毛クリーム『セントフォー』【Beauty Navi】
自宅でできる本格除毛クリーム

除毛クリームによる処理を行う際の注意点としては、
@毛が隠れるくらいの厚さにクリームを塗ります。
・除毛クリームをよく毛の根元まで浸し、肌に馴染ませます。
・必ず乾いた肌に塗るようにしましょう。
 肌が濡れてクリームが滑る状態の場合、毛の分解力が弱まってしまうので、綺麗に除毛する事ができません。
・厚めに塗りましょう。
 除毛クリームが行き届かず、きれいに除毛する事ができません。
 化粧品のクリームのように延ばして使ったり、肌にすり込んだりすると肌荒れの原因になります。

A所定の時間を置いたら、拭き取り洗い流します。
・十分に時間を置くようにしないと、クリームの効果がしっかりと浸透しません。
(十分以上に時間を置きすぎると、かえってお肌が荒れるので注意して下さい)
・拭き取りする時に溶けたり抜けた毛を取りますが、この時ヘラなどを使って根元からしっかり取るようにしましょう。
(注意:擦りすぎて肌をいためないように)

補足:同じクリームを使用しても、人によって毛・毛根の強さ・肌の強さの個人差があります。
更に、同じ人でも活動期の毛と休止期の毛があり、除毛され方にも差が出ます。

皮膚の強い方でしたら、三日程あけてもう一度除毛クリームを使ってみても大丈夫です。
皮膚の弱い方の場合は、一週間くらいはあけるようにして下さい。)

長い毛は短めにカットしてから根元までしっかり除毛クリームを浸すなど、それぞれ使用者の状況にあわせて使用して下さい。

ムダ毛処理法の除毛のリンクについて

ムダ毛処理法の除毛のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]脱毛
>>[次]抑毛
ムダ毛処理法のTOPへ
"除毛"のTOPへジャンプ